我が家のお風呂のリフォームをするとなったらどこにするか

古くなったからリフォーム

お風呂のリフォームをしようと思うその理由やタイミングとして最も多いのが、お風呂が古くなったとか設備が壊れたからだというのがあります。

もしかしたら一部分が壊れたからそれを自分で直しているという方もいらっしゃることでしょう。
結局完全には直ってはいないし、それどころか余計に悪くなったという場合もよくある話です。
また、使っていたら他のところもどんどん古くなったとか汚くなったということもあり得ます。
そこから次第にあそこがどうとかここがどうとかみたいな感じで細やかなところまでも気になってしまい、それらが積み重なりリフォームという方法を取ったというわけなのです。

その他にも増税だの人に影響されたからという理由も実は存在しています。

目安はいつごろか

それでは、そのリフォームの目安はどのくらいなのでしょうか。

大まかな年数で言いますと、だいたい15年から20年ほどになります。
実はそのくらいになると、とある原因が起きてしまいます。
それは、水漏れやシロアリです。
例えば、小さなひび割れでも放置していればこれらの仕業で内部での腐食が進んでいきます。
いくら外見上がきれいでも、目に見えない部分では劣化は進行しているのです。

特にシロアリは暖かく湿度が高い場所を好みますので、お風呂での被害が顕著に現れます。
なので、これくらいの年数が経過していたらお風呂自体がいくらきれいだったりなんらかの異常が見えなくても思い切ってリフォームを考えてもいいのではないでしょうか。


この記事をシェアする