こういった金銭関連の情報がある

だいたいの相場

ところで、リフォームにはどのくらいの金額がかかるか相場はどうなっているのでしょうか。

リフォームの場合は、だいたい商品価格と工事費用がかかっていきます。
この工事費用は工事のグレードごとに異なっていきます。

一般的に水回りは高いとされていますが、お風呂の場合は安くて40万高くて130万ぐらいと見ておきましょう。
ちょっと修理するぐらいだったらわりと安く済むのですが、元々あるのを解体したりユニットバスに切り替えるなどの大掛かりなリフォームになったらもっと上がることがありますのでご注意ください。

もしバリアフリータイプにするのであれば、自治体から認定された階級によっては、介護保険制度が使えたりしますのでよく調べてみるのもよいでしょう。

補助金で修理できる場合がある

リフォームの相場は規模によりますが、補助金が発生する可能性も存在しています。

それは、リフォーム減税というものです。
代金を一括払いしたら20万から30万ほどが控除されることがあります。
ローン払いでも5年間で最大60万円が控除されるなどとてもお得な制度です。

ただこれらはその年によって金額の変動がある可能性がありますので、事前にきちんと調査するとよいでしょう。

その他にも太陽光発電などの省エネタイプを選ぶと、自治体から補助金があるかもしれませんが、これもその年度によって変動があるので事前に調べてみましょう。

これらのように、リフォームの方法や状況によってはいくらか補助金として返ってくる可能性がありますので、よく情報を仕入れたり業者と相談してみて少しでも得がいくようにしましょう。


この記事をシェアする